プロが行う映像制作は見せ方が違う

プロが行う映像制作は、素人が撮影をした内容とは天と地の差があるほど違いが現れてくる物です。プロが意識を行う事の内容に、差と言う考え方があります。差と言うのは角度による物、音による物、動きに対する物など様々な内容に意識を持ち合わせています。例えば、正面から撮影をした内容のみであれば、映像に味が無く、素人が行っている内容だと直ぐに分かります。

角度を変えて差を作り出す事によって、それぞれの場所面における特徴を作り出す事が可能になります。人の神経には、興奮させる神経と、抑制させる神経があります。これは、音による効果が最適であり、興奮させる場合はテンポが早い内容で表現する事もあります。また抑制させる場合は、テンポの遅い音を利用したり、森林などの自然で響き渡る音などを利用する事もあります。

これらは、プロが行う映像制作の基本です、人は同じ刺激を受け続けると、飽きると言う事が起きてしまいますので、プロの中には、基本を抑えながらも、従来には無い表現の仕方を日々考えている人もいます。現在は、編集ソフトなども市販されているため、素人の方でも制作する事が可能だと思う人もいますが、ソフトと言うのはあくまでも表現をするための手段です。映像制作で大切な事は、感性などの考え方です。プロの映像制作は、それを仕事として行っているため、細かい内容までも意識を配り、その積み重ねた経験は、素人とは大きな違いが現れます。

個人で楽しむ内容であれば、市販されている編集ソフトの利用もお勧めをしますが、企業が人に見せる内容、結婚式などの特別な内容などは、プロに任せる事が大切と言えます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*