再生数を稼ぐための映像制作のコツ

個人で映像制作をして、それをネットの動画サイトにアップしている人はたくさんいます。世界的な動画サイトでも、日本で人気の動画サイトでも、どちらでも動画を作った人がお金を儲けられるシステムはすでに整っています。ですからあとは再生数を上げることができれば、個人でも映像クリエイターとして食べていくことができるのです。人の興味を引く映像制作を心がけなくては、再生数は伸び悩むのは当然です。

クオリティを上げるというのが一番いいことではあるのですが、毎日動画をアップするというのもまた大切なことです。そのバランスをどう取るのかが非常に難しいです。自分はどのような作品を作りたいのか、どのようなビジョンで儲けたいのかを考えて、たとえば入念に作りこんだものを数ヶ月に一回出すなり、クオリティが低くても毎日出すなり分けて考えていけばいいでしょう。どちらがいいかはその人のスキルや、どういう動画を作成しているかにも依存します。

忙しい人が多いということを忘れてはいけません。動画サイトで動画を見る時間は10分以内であると仮定して、そんな忙しい人でも気軽に見られる長さの映像制作を心がけるべきです。再生数を稼いでいる人の多くが、5分前後の時間で毎回動画をアップしてます。どのような動画でも5分以内に収めることは可能ですし、5分ならよほど凝らない限りは連続して発表していけるはずです。

とにかく飽きさせない工夫が大事ですから、最初の数秒でクライマックスに入るのがいいです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*