動画制作については需要が伸びているようです

動画制作はインターネットの普及やその回線の高速化、あるいは動画共有サイトの出現によって状況は大きく変わりつつあり、そこでは短編のものから映画のような長編のものまで身近で体験できたり紹介されるようになって来ました。そしてホームページやポータルサイトにおいても静止画よりも訴求性があるとして色々な分野において動画制作が活用されるようになって来ています。デジタルサイネージでは回線の利用によってビルの壁面にディスプレイ装置を設置し、ここに遠隔の地からその場に適した映像や文字情報、あるいは音声情報を秒単位で切り替えて流せるようになっていて、CMその他の有用な情報や緊急情報等ターゲット層を絞って流すことも出来るようになって来ています。動画共有サイトにおいても以前は文字や図形を中心にマニュアルなどの内容が説明されていましたが、現在では映像で説明するほうが分かり易いこともあってより多く動画制作が活用されるようになって来ています。

百聞は一見に如かずということが即実現できますので言葉で説明するよりも状況が掴みやすいと言えます。不動産物件の案内では室内状況なども映像を使ってバーチャルリアリティ体験できるようになって来ています。世界各地で起こる自然災害や事件もビデオカメラを持ったいわば現地の素人特派員によって状況を伝えてくれますので、そのタイムリー性においては定評があります。あるいは最近ドローンが解禁されたことで今まではヘリコプターを飛ばさなければ得られないような珍しい映像も撮影することができ、伝えることが可能となって来ました。

このように動画制作はより身近なものになり、かつ将来に対しても多くのことが期待が持たれます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*