映像制作での役割分担

映像制作を一人ですべて行うのは難しいです。それぞれの技術を持った人を集めて、自分のイメージを伝えて作ってもらうほうが効率的に作ることができます。どうしてもこだわりはあるかと思いますが、専門の技術者にやってもらうことで、自分のイメージ以上のものができることもありうるので、できないことは人に任せた方がよい結果になることもあります。映像を作るには、カメラマン、音響、監督、美術スタッフ、編集などが必要になります。

内容によっては脚本、絵コンテ、役者も必要です。映像を作る際は基本的に一番権限があるのは監督になります。カメラマンや役者などが自分のこだわりで勝手な動きをした場合、それがよさにつながることもありますが、撮影現場でのトラブルにつながることもあります。監督がスタッフの感性に自由に任せるスタイルの場合は、それぞれの感性で撮影を進めればよいですが、そうではない場合、基本的には監督の指示に従うことが大切になります。

ここを間違えると撮影現場でもめたりいつまでも映像制作が進まなかったりといったことになります。その代わり、映像制作における責任のウェイトも監督が一番大きく持つことになります。撮影がクランクアップしたら、次は編集の出番です。映像制作は撮影ももちろん大切ですが、どのように編集するかも同じくらいに大切と言えます。

編集の仕方ひとつで映像の印象は大きく変わるからです。編集した映像を監督が確認して問題なかった時、はじめてすべてが終わります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*