映像制作を趣味にして収入に

今、映像制作を趣味にして、収入になっている人が多くなっています。これにはいくつかの理由があるのですが、一つは、パーソナルコンピュータの発展による効果です。映像というのは、デジタルデータとしては相当重いのですが、これが個人のコンピュータでもかなり簡単に処理できるようになったからです。そして、通信回線の発達により、それは公開できる場所が増えて、それに広告がつくようになったのです。

これによって、個人の映像制作によって、利益を生み出す人が増えてきているのです。それこそ、人によっては、月に何十万円、年額で平均的なサラリーマンの年収よりも稼いでいるようなことがあるのです。これは極めて稀な例ではありますが、それでもそうしたことができるようになっているのは画期的なのです。映像制作はさらに、映像を撮影するための機械が必要なわけですが、それも低価格化していることが普及した要因になっています。

何しろ、今は携帯電話で画像が撮影できるような時代になっていますし、或いはビデオカメラも十万円以下で相当画質がよいものが撮れます。また、記録媒体も大容量になったのも一つの普及の原因なのです。昔はそれこそ、一本数百円はするようなビデオテープに入れられる映像が二時間程度しかなかったのですが、今では数百時間単位の映像の保存が数千円で出来ます。パソコン、ネット通信、撮影機器、この三つの発展により個人の映像制作が普及したわけです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*