オムロンのパワーコンディショナー独自の特徴

オムロンのパワーコンディショナーの特徴に過積載対応があります。パワーコンディショナーには出力に上限があるため、発電量を増やそうとすると最大定格出力の大きな製品を選ぶ必要があり、価格が高くなります。しかし、パネルの総出力を最大定格出力の範囲に抑えると無駄がない、という考え方には漏れがあります。太陽光を利用して発電を行うため日射がピークとなるタイミングは限られており、出力では空きのある時間が多いので発電効率の無駄ができます。

ピーク時の電気の一部を捨てることになってもパネルを多く設置した方が効率が良くなることが経験則で分かっており、この利用方法が過積載と呼ばれます。過積載は有効性が認められているものの、メーカーからは負荷が増えることで故障しやすくなることが懸念され、保証されなくなってしまう危険性もあります。この使い方をするときに適しているのがオムロンのパワーコンディショナーであり、過積載に対応した製品になっているため、最大定格出力の200%を超えるパネルを接続しても保証されるメリットがあります。オムロンの屋外型のパワーコンディショナーでは塩害にも強い特徴があります。

塩害に対応しているメーカーも多いですが、海岸から500m以内には設置できないなどの制限があります。しかし、オムロンのパワーコンディショナーであれば一時的に波しぶきがかかる程度であれば海岸から近くても設置可能であるため、他のメーカーを利用できない地域であっても太陽光発電を行えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です